光インターネットの価格はだいぶ低価格になってきました

光インターネット市場は、サービスを提供する業者が増えてきたため様々な形で価格競争が行なわれています。
最近ではNTTから光回線の提供を受けてプロバイダー業務とセットで光インターネットサービスを提供する業者も増えたので、フレッツ光とプロバイダーを個別に契約する必要がなくなり、価格の引き下げを実現しています。
又、営業を委託された「代理店」という業者がキャッシュバックキャンペーンや乗り換えキャンペーンなどで現金を払い戻す(?)ことによる実質値下げも頻繁に行なわれています。
これらの契約は、多くの場合、2年契約や3年契約というように契約期間が決められており、途中で解約すると違約金が発生してキャッシュバックのメリットがなくなってしまいますので、解約時期には注意が必要です。